「ケアマネネット塾~基本編~」紹介ページ

今、仕事に悩んでいるケアマネのみなさんへ

私は山形県のとある田舎町のグループホームの管理者です。

今いるグループホームに配属になる前は、居宅のケアマネでした。
私はケアマネになる前は、特老や老健でずっと現場での介護業務一筋でした。

現場一筋ということは、ケアマネになるその時まで、介護保険証も見たことがない!
という状態だったのです。

そんな状態でケアマネになったのですから、
当然ケアマネになっても、何をどうしたらいいのか全然分りませんでした・・・

それでも担当ケースは持たされるわけで、訪問に出かけるのですが、
何を話したらいいのかすらわからず、訪問先でしどろもどろでした。

そんな不安な状態で居宅で働いていたのですから、
重圧で押しつぶされそうな毎日です

それでも重い責任はありますから、毎日不安を抱えながら、出勤する毎日でした。


自分なりに必死に勉強はしたつもりでした。
ケアプラン事例集は当然のこと、予防のケアプラン事例集も買ったし、
夜もパソコンの前に座り、あちこちの新人ケアマネ対象のサイトめぐりしてました。

けど、どれも当時の自分には訳の分らない、制度の説明や解釈を語り合う掲示板とか、
本はどこかの学者さんが書いたような、ただ小難しいだけという、
とにかく新人ケアマネには、理解しづらいものばかりです。

私が知りたいのはもっと基本的、かつ初歩的な事でした。

新人ケアマネで、まだ何も分ってないし、経験もないんだから、
わかりやすくて役に立つ、実践的なモノが欲しいのに・・・。

ヘルパーさんを呼ぶにはどんな手続きをしたらいいの?
福祉用具をレンタルするにはどうしたらいいの?
今、自分のやるべきことは?

そんな基本を教えてくれる本やサイトはないし、

先輩に質問しても帰ってくるのは、理念や制度のことばかり。

とにかく、今すぐ知りたいこと、教えてほしいことは、


どこ探しても見つけられなかったし、誰も教えてはくれませんでした。

結局次の日の朝が来れば、
何も分らないまま、不安を抱えて訪問に出かけるしかなかったのです。

ところが、そんな日々を過ごしていたある日・・・

ふとしたきっかけで、ケアマネって、
スキルゼロでも安心してできるんだ、ってことがわかりました。


このことについては、人に伝えるにはある程度時間がかかると思います。
マインド的な部分が大きいからです。
詳しくはこのネット塾のテキストで知って欲しいと思います。

いずれにせよ、それまでの悩みがウソのように消えました。

このことは本当です。
本当に、一日で世界が変わりましたよ。

それからしばらくして、自分はグループホームに配置替えが決まりました。
引き継ぎのケアマネさんは、新人ケアマネさんです。

自分が新人の時と、同じ苦労はさせたくない、そう思った自分は、引き継ぎ書を丹念に作りました。
その引き継ぎ書を見た新人ケアマネさんは、
「これはテキストには載ってない」と言いました。

「まぁ、テキストはテストの為のテキストだから」自分はその時はそう答えたのですが・・・。
この時思ったのです。

新人ケアマネの為の、実践的なマニュアルが必要だ、と。

だって市販のケアマネジメント用の本も、ネットで得られる知識も、
実際に役に立ったことは一度もなかったからです。

ネットで新人ケアマネさんのサポートをしよう!

市販の本や、ネットで得られる知識は、現場で役に立たない!

その事を嫌と言うほど知った自分は、
自分と同じ苦労を、他の新人ケアマネさんには絶対させたくない、
新人ケアマネさんを助ける為に、何かしたい。
そう思いました。

こうして自分は、新人ケアマネさんに渡した引き継ぎ書を土台にして
新人ケアマネさんを対象にした、独自の業務マニュアルを書きました。

とにかく実践的なもの、実際の現場で役に立つものを・・・。
それを目標に作りました。

こうして私はインターネットで、
新人ケアマネ対象のものや、他にも介護業界に関するマニュアルをネット上で発表し、
同時にメールサポートも開始しました。

そんな活動を通して、ある独立居宅ケアマネさんとお知り合いになりました。

それがこの、『ケアマネネット塾』の講師をお願いしている、「中島」さんでした。

中島さんとの出会いと『ケアマネネット塾』の立ち上げ

中島さんは、ケアマネの資格を取ってすぐに独立して居宅を立ち上げたという、
バイタリティあふれる九州男児でした。

こういう「熱い男」は自分はすごいなぁ、と思います。
自分が大人しい東北の山形県民だからですかね

中島さんは私と同様、ネット上で色々なマニュアル等を発表しています。

私は中島さんと知り合って、ネットでマニュアルを紹介するだけではない、
新たに何かやりたくなってきました。

ネットというものが、見知らぬどこかの、自分と同じ悩みを持っている人と自分を繋ぐことを知り、
さらにネットを使えば、その人を自分が支えることができることを、今までの3年で経験しました。

その経験を思い返す内に、新たな可能性が見えてきました。

今自分が出来ることを色々と組み合わせてみました。

あれとこれを、こうやって組み合わせていけば・・・。


ネットで新人ケアマネさんの為の塾が出来るじゃないか!

こうして自分は、ケアマネさん対象のネット塾を立ち上げることにしたのです。

きっとやれば楽しいぞ、そう思えてならなかったんですよ。

『ケアマネネット塾』の内容とは

ケアマネさんの為の学校か、塾が必要だ、とずっと前から思っていました。

ヘルパーさんにだって、ニチイ学館さんとか、ヘルパー養成の為の学校がある。

介護福祉士だって、専門学校や学校の専門課程がある。

だのに、それよりも専門的知識や経験が必要なケアマネに、
学校も塾もなく、独学でしかケアマネの知識を得る術がないなんて、
おかしいでしょ?

でも、インターネットを使えば今の自分にだって、
ネット塾という形でケアマネさんの為の塾が作れるぞ、と思ったんです。

さて、その思いついたケアマネさん対象のネット塾はどんな風にしよう・・・?

まずは「塾」である以上、学ぶ「場」が必要だ、と思いました。

「同じ悩みを持った者同士が集う場所」、を作らなきゃ、と思いました。

ネットならそれはすぐに作ることが出来ます。SNSです。


SNSって使ったことありますか?
mixiとか、GREEとか、モバゲーとか、よくCMでやってるあれです。


自分のプロフィールとか書いて、日記とか書いたり、お互いの日記にコメントしたりして、
ネット上に友達をたくさん作ってお話ししてコミュニケーションを楽しむやつです。

使ったことないですか?
いや、やってみると簡単なんですよ。

なにより、同じ共通点を持った者同士が話し合う場ですからね。
楽しいんですよ~\(^0 ^)/


塾の名前は、『ケアマネネット塾』としました。


この『ケアマネネット塾は』、
私が作ったテキストと、SNSを「学びの場」として学んでいただきます。

そして塾である以上、自分は「塾長」なって責任を持ちます。

さらに中島さんと、その友人のカインドさんが講師として参加してくれました。


こうして「ケアマネネット塾」は平成22年7月にスタートし、
その後、体制の見直しも行いながら、現在に続いています。

今回の新体制の内容をご紹介します。

『ケアマネネット塾』とは?

実は、このような「ネット塾」と言うのはネット上ではよく見られます。

どのような仕組みかと言いますと、専用のSNSを使い、
塾長や講師と、参加された塾生の方たちが交流して勉強するのです。


当ネット塾では、以下の方法で学んでいただきます。

まずあなたの元に半年の間、毎月テキストをお渡しします。

そして、専用のSNSで、私と2人の講師の方が、
あなたの質問や相談にお答えします。



参加をお申し込みされた方には、
「ケアマネネット塾SNS」への招待メールをお送りしますので、
そのメールの内容に従って、SNSにご参加ください。

「ケアマネネット塾SNS」の様子
※上の画像をクリックすると、大きな画像が見れます。


このネット塾に参加されますと、「ケアマネネット塾テキスト」のダウンロード用のメールと、
上の「ケアマネネット塾SNS」への招待メールが送られます。
招待メールのないようにに従ってSNSにご参加ください。

SNSでは日記を書いたり、誰かの日記にコメントしたり、
私や2名の講師、または他の塾生の方々とメールを交換したりできます。

そうやってお互いに交流しながら、日々の学びを紹介したり、
悩みを聞いてもらったり、または誰かの悩みに答えたりします。

そうやってお互い学び合い、新人ケアマネ同士、
日々交流し合って、お互いに成長していってほしいのです。
パソコンが苦手・・・という人でも大丈夫です
でも、私はパソコンが苦手なので・・・という方は多いです。

そんな方のために、私は塾長としてだけでなく、当ネット塾の管理人としても参加しています。

もし、パソコン操作でわからない、日記ってどう書いたらいいの?
と言った疑問があれば、遠慮なく私にメールをください。

当ネット塾で初めてSNSを使った、という方は他にもいらっしゃいます。
そんな方も私に教えられて、初めてSNSで日記を書いたり、
私とメールを交換したりしています。
パソコンのことでわからないことは、遠慮なく聞いて下さい。
精一杯私がサポートします。
私だけじゃない、2名の講師もあなたをサポート
ケアマネネット塾SNSでは、私だけではなく、他に2名の講師の方があなたをサポートします。

以下に講師の方を紹介します。


講師:中島

経歴:大分県在住。男性。
通所介護支援事業所の相談員を経て、介護支援専門員を取得。
その後「居宅介護支援事業所 七色」を立ち上げ、独立居宅ケアマネとなる。
当ネット塾ではテキストの作成にも参加。


講師:カインド

経歴:大分県在住。女性。
現在、訪問介護事業所と有料老人ホームの管理者。
中島さんとは旧知の間柄、とのこと。
日頃はブログの更新が趣味とのことで、女性らしいかわいらしい文章が特徴。


以上3名の体制で、しっかり塾生のみなさんをサポートします。

参加された方には、塾長の著書をプレゼント

最初にお話した通り、
私は新人ケアマネ対象の本を書いています。

お断りしますが、自費出版などではありません。
そんなお金ありませんから・・・(:-;)

様々な実用書を出版している出版社大手の、
日本実業出版から出版しています。

ですので、口はばったいですが、
テキストの内容には自信があります。

実は、私の著書である「新人ケアマネの仕事がわかる本」は、
当ネット塾のテキストが元になっています。
テキストの内容については、この下をご覧ください。

この本が出版出来たのも、当ネット塾をはじめ、
私がネットで関わったたくさんのケアマネさん達のおかげです。

ですので、この度のケアマネネット塾の新体制のお礼として、
ネット塾参加者の方々に本を無料でプレゼントしました。

ですので、このネット塾にこれから参加された方々にも、
「新人ケアマネの仕事がわかる本」を無料でプレゼントします。
送料も当方で負担します。

ですので、あなたもぜひ当ネット塾に参加いただき、
私の本を受け取って欲しいと思います。

『ケアマネネット塾テキスト』の内容とは!?

『ケアマネネット強化塾』のテキストは、半年の受講期間中、
毎月あなたの元へお渡しします。

以下、そのテキスト配布予定をご紹介します。


【1ヶ月目】

まずは、基本的なケアマネジメントの流れを学んでください。
また、1ヶ月目はあなたのことをよく知る為に、受講報告の提出を義務付けます。

  【2ヶ月目】
   
   次に基本的なサービス導入の流れや、介護認定の申請の仕方そして、
   居宅の届け出の仕方を学びます。 
   また、ケアマネの日頃の生活の実態として、一ヶ月の過ごし方を学んでいただき、
   ケアマネとして間違いのないスケジュールが組めるようになってください。
  【3ヶ月目】
   
   新人のケアマネでしたら、いつかはミスをする時があると思います。
   そんなミスをしてしまった時の対応法、
   そして利用者様との契約の注意点。そしてあなたの担当ケースが万が一、
   入院してしまった時にすべきことをお伝えします。
  【4ヶ月目】

   いつかはあなたの担当ケースが、あなたの元から離れる時が来ます。
   その時にすべき事を学んでください。
   そして、もし経済的な問題を抱えたケースを担当した時の為に、
   生活保護について学んでいただきます。
   ※「経済的な問題について」のテキストは、講師:中島さんの協力を得ています。
 【5ヶ月目】

  実際にはあまり経験することのない、住宅改修について学んでいただきます。
  住宅改修の際に必要な「住宅改修の意見書」のデータファイルもお渡しします。
【6ヶ月目】

  卒業にあたり、ケアマネとして必要な心構えなどをお話します。
  最後に卒業報告も提出してください。
  また、延長コースについてもご説明させていただきます。
   6ヶ月目のテキストで詳しいことはお伝えしますが、
   このネット塾には延長コースもあります。

     
   延長コースには9つのテキストを準備しています。
   

    延長コースのタイトルだけお伝えします。

   「ケアマネネット塾~延長コース~」

   です。


では、『ケアマネネット強化塾』への参加申し込み方法をお伝えします。

お申し込みの際はこちら!

お申し込みの前には、必ずご覧になってください。
1、お申し込みは、下の「入会を申し込む!」をクリックしてお申し込みください。

2、月々の会費の決済は、ASPのインフォトップさんの月額課金システムを利用しています。

3、お申し込みの際に使用したメールアドレスとパスワードは、大事に保管してください。

4、お申し込みの際のメールアドレスは、塾生の方々への重要な連絡等に使います。
  ですので、確実に連絡がつくものを使用してください。

5、お申し込みはクレジットカードで対応しています。
  申し訳ございませんが、他の方法では対応していませんので、ご容赦ください。

6、会費は6ヶ月間毎月、計6回のお支払となり、6回目の決済後、自動で退会となります。
  入会日を起算として一ヶ月毎に課金されます。
  
7、上記の通り、受講期間は6ヶ月間です。
  原則的に途中での退会は認められませんので、ご注意ください。

8、入会が確認され次第、テキストのダウンロードページのURLとパスワードが書かれたメールが、毎月届きますので、その内容に従ってテキストをダウンロードしてください。

9、同じく入会が確認されますと、SNSの招待メールが届きますので、その内容に従ってSNSの入会手続きを行ってください。

10、入会して4日経っても上記のメールが届かない場合、またはご不明な点などございましたら、下記「塾長へメールする」からその旨メールでご連絡ください。

11、その他、当ネット塾について質問がございましたら、同じく下記「塾長へメールする」からメールにてご質問ください。

12、情報と言う商品の性質上、返金には応じていませんので、ご了承ください。
『ケアマネネット塾~基本編~』商品内容
受講期間6ヶ月
テキストを6ヶ月間毎月配布、合計12本
専用SNSへご招待
月額会費:3.980×6ヶ月
       
                       





注! お申し込みの際にお使いになったメールアドレスとパスワードは、
忘れないように大切に保管してください。

※SSL暗号通信により、お客様のウェブブラウザーとサーバ間の通信が
すべて暗号化されますので、ご記入の内容は安全に送信されます。
安心お申し込みください。

  
 「新人ケアマネの仕事がわかる本」
  プレゼントお申し込みについて


 上記の通り、このネット塾は参加された方に、
 私の著書をプレゼントしております。

 参加が確認されますと、

 「新人ケアマネの仕事がわかる本」

 プレゼント申し込みページの
 お知らせがメールで届きます。

 プレゼントご希望の方は、
 メールの内容に従ってお申込みください。

 あなたのご参加をお待ちしております