利用者獲得~介護業界の人達の悩みを一挙解決!

あなたのサービスを困っている人に届けよう

介護サービスを求める人は、
当然介護のことで困っている人です。


家族の介護とは生活に直結しますから、
生活するために介護サービスが必要になっているわけです。


ところが、私たち介護サービスに関わる人たちと違って、
日頃介護について無縁な人というものは、
いざ介護サービスが必要となったとき、
いったいどこに行けば介護サービスを受けられるのか、
皆目検討もつかないものなのです。


普段テレビとかで介護について語られているし、
介護保険とか一般的な言葉になっているから、
そんなことないんじゃないの?
と思う方もいらっしゃるかと思いますが、
実際にはそういうものです。


例えば、近所に大きな介護老人保健施設が出来たとします。
自分の家のお婆ちゃんが認知症になったら、
ご家族はそこに出向いて
「すいません、ここに申し込みたいんですけどー」
といきなり相談にくる、なんてことは珍しくもありません。


介護認定→ケアマネと契約→介護サービス利用
そんな流れを知っている人の方が、
この国では少数派なのですよ。


私は介護サービスの営業と言うモノを、
ただの金儲けではなくこういった介護保険や
介護サービスについて無縁な人達に、
しっかり届ける意義のあるもの、
と考えています。



自宅で徐々に自分の親が認知症になってきた。
家族の介護疲れも酷い。
しかし、どこに相談に行ったらいいのかわからない。
それどころか社会保険や介護、というものの存在すら、
よく知らない。


そういう世帯はこの国には想像以上に存在するものです。
こういった人達に、我々は介護サービスを届けねばなりません。


私自身もグループホームの管理者ですが、
いきなり私の勤務するグループホームにふらりと現れた人が、
「こういった所を利用するにはどうしたらいいのでしょうか?」
と言う方がたまにいらっしゃいます。


これはどういうことなのか?と思うわけです。
きちんと働いている人なら、社会保険料や介護保険を
お給料から天引きされているはずです。


そんな人達が社会保険を利用する方法を知らない、
と言うのはおかしい話です。


ですから、介護サービスに関して営業をする人は、
こういった本当に困っているのに介護サービスを知らない、
と言う人達に我々が提供できる介護サービスを、
しっかり届けなくてはいけない、
という気持ちでやらねばならないと思います。


あなたの介護サービスを必要としている人が、
かならずどこかにいる。


その人に出会うために営業や挨拶まわりをしてほしい、
と思います。

あなたの介護サービスを必要としている人に会う方法はこちら!


   ↑   ↑
『介護サービス利用者獲得マニュアル』