職場の人間関係~介護業界の人達の悩みを一挙解決!

人間関係は永遠不滅の課題なのか

人間関係の悩みは時代を超えて続くようです。


歴史の中には人間関係に気を使ったり悩んだり、
ということも多く見られます。


例えば戦国時代を取り上げて、人間関係に関するエピソードを
探しますと、豊臣秀吉は元々身分の低い出で、
織田信長の譜代の家臣に気を使っていたようです。


その事例として、柴田勝家の丹羽長秀の苗字を
一文字ずつ拝領して、羽柴秀吉と名乗っていたことがあります。
武家という組織の中で、色々と気を使っていたのですね。


他にも直江兼続が伊達政宗と不仲だったとか、
戦国時代以外にも古代ギリシャの時代から、
こういったエピソードや逸話があるようです。


人間は生まれた時から、親という人間と関わります。
つまり、人間として生まれた以上は人間関係は、
ずっと続く問題なのです。


ですから、人間である以上は人間関係の悩みから、
解放されることはない、と言いきっていいのでしょうか?
それもまた違う気がします。


例えばこの記事で豊臣秀吉を取り上げましたけど、
この人物は「人たらし」で有名です。

敵も味方もたらしこんで、自分の仲間や協力者にしてしまうことで、
有名だったわけです。
現在も大阪の人達は豊臣秀吉のことを、
「太閤はん」と呼んで慕っていますよね。


秀吉は人を味方にするために、あの手この手を使っていたわけです。
先の改名もそうですけど、手紙を書くときはなるべく平明な字を使ったり、
手紙を何度も何度も出して、コミュニケーションやメッセージをかかさなかったり、
そうやって人を味方にしてきたのです。


自分が嫌いな人を排除しようとする気持ちだけでは、
人間関係の悩みを解決するのは難しいと思います。
相手を変えるのは難しいのです。


結局は自分が何かの行動をしないと、
人間関係の悩みは解決に時間を要します。


かつての歴史上の人物に、人と人の関係を学ぶことは、
あなたの人間関係の問題解決のヒントになると思います。


歴史上で成功した人物には、
仲間を作ることで成功した人物もたくさんいます。
戦国時代なら優秀な家臣をたくさん得たり、
同盟で仲間をふやしたり、というものです。


人間関係を良好にするには、
あなた自身はどんな行動をすべきか、
それを学んでみてはどうでしょう?

あなたが人間関係を良好にするためにするべき行動はこちら!


 ↑ ↑
「もう人間関係で悩まない! 変われる自分を今すぐ実感!」