新人ケアマネ、介護支援専門員~介護業界の人達の悩みを一挙解決!

プランを実施したら評価をしよう

新人ケアマネですと、ケアプランを書くこと自体が仕事、
と思ってすごく真剣に取りくみますよね。


ただ、ケアマネをケアプランだけを見て評価する人がいたら、
その人はあんまり大した人ではないです。


ケアプランは常に見なおすもの、です。
最初から完璧に、なんて考えるものではありません。



もちろんいい加減に作っていいとは言いません。
しかし特に新規の方はそうなのですが、
まずはさしあたってこんな感じ、
という探りを入れる気持ちで作った方がいいでしょう。


大切なのは、そのケアプランを実施してみての、
モニタリングと評価なのです。


繰り返しますが、ケアプランは常に見直すもの、です。
最初に全力で真剣に作ったケアプランだから完璧だ。
これでいい結果が出なかったら、
サービス事業所がそのケアプラン通りにしてくれなかったからだ、
そういうケアマネさんがまれにいます。


私がこうして欲しいと言ったじゃないですか、
とか言うケアマネです。
あなたにはこういうケアマネになって欲しくないと思います。


もし利用者様に特にお変わりなかったとして、
ケアプランの更新を繰り返して、
これでしばらく見直す必要はないな、と思えるようになるには、
やはり2~3回の更新は必要だと思います。


逆に最初に作ったケアプランが完璧だったから、
その後は見直す必要無かった、というのはあまり考えられないかと
思います。


どんなに真剣にアセスメントしても、
その後いろいろと見落としや見誤りがあった、
ということは付き物です。


ケアマネジメントにおいて、初回のアセスメントはもっとも重要、
と私は考えますが、完璧というのはありえません。


最初から完璧は求めず、
その後の評価を大切に、と言いたいのです。



利用者様とは長い付き合いが理想です。
長く付き合っていろいろと話し合って、
ケアプランは練り直していくもの、
そんなスタンスで考えて行くのがちょうどいいくらいなのです。

ケアプランの評価について知りたい方はこちら!


  ↑ ↑
「ケアマネ初心者、超実践業務マニュアル」