サービス提供責任者~介護業界の人達の悩みを一挙解決!

パソコンを使いこなそう

私はこのようにネットで介護関連に関する情報を発信したり、
ネット塾を運営したりしています。

その中で色々な相談を受けるわけですが
その中で「パソコンの使い方がわかりません」
という相談が少なくありません。



とは言うものの、私も決してパソコンのサポートセンターに
務めているわけではないので、
全て教えられるわけではありません。

出来るのは自分で作ったネット塾とかに関すること
ぐらいでしょうか。


「パソコンが使えない」という相談は、
どうしても年配の女性に多いようです。
やはり馴染みがないですからね。
慣れてないんだから仕方ないですよ。

訪問介護というのは介護業界でも特に女性の職場ですよね。
その中でもベテランである程度、
年齢を重ねた方がサービス提供責任者になるんですから、
パソコンが使えない、という方は多いかと思います。


自分のネット塾に申し込めた方でも、
メールにファイルを添付することも分からない方がいます。
ケアマネは時には書類などをメールに添付して送ったり、
逆に送られたりすることもあるでしょう。

例えば研修の連絡が行政から来たり、
申し込みはワードファイルに書き込んでメールに添付して申し込み、
なんてあるはずですが、このやり方が分からない、
となると色々と面倒ですよね。


どうしたらなるべく早い段階で、
パソコンの操作に慣れることが出来るのでしょうか?
結局は使い倒すしかないです。


自分もこのようにネット上でマニュアルを公開したり、
ネット塾を運営する前は、
ホームページなんてどうやって作ったらいいのかわかりませんでした。
でも今ではSNS(ソーシャルネットワークサービス)まで立ち上げています。


結局はやったことがないから出来ないだけで、
一度やってみれば覚えられるものなんです。



訪問介護だろうとなんだろうと、
介護に関する事業所は自前で色々な書式作ったりするし、
実績報告だって全部手書き、
というのもいつまでも続けていられないですよね。


とりあえず、見よう見まねでひとつ、書式を作ってみる事です。
あーでもないこうでもないと、一度やってみることです。

とりあえず、ワードとエクセルは書式を作れる程度には使いこなせないと、
何かと仕事になりません。


まずは例を見て、自分で作れるかです。
慣れた人の作ったものをみて、
自分もマネするところから始めれば、
慣れるのは早いと思いますよ。

訪問介護事業所の書式が『33種類』付いてくるマニュアルはこちら!

 ↑ ↑
「訪問介護サービス提供責任者ハンドブック」