利用者獲得~介護業界の人達の悩みを一挙解決!

自分の売る商品(サービス)のファンになろう

我々介護業界の人間は、サービスを売っています。
つまり、我々が売る商品は介護サービスなわけです。

利用者さんに自分の売る商品、つまりサービスを知ってもらうには、
その商品の内容、サービスをよく知らねばならないのは当然です。

何かを知るには、その何かのファンになることです。
というとなんか洗脳してるみたいで、
ちょっと引くかもしれませんね(苦笑)

べつに人前で「私はこのサービスのファンなんです!」
なんて言う必要はありません。

ファンになれ、その目的はとにかく、
自分の売るサービスをよく知ることです。

良く知るにはそのファンになるのが一番なわけです。
なぜならなにかのファンになるには、
そのなにかの良い所を知るのが一番だからです。


たとえば自分は昔、大阪近鉄バファローズのファンでした。
バファローズのいい所と言えば、
・ブライアントやタフィ・ローズなど、助っ人外国人に当たりが多い。
・光山、古久保、有田など、いい捕手が多い。
・赤堀、大塚など、抑え投手にもいいのが多い。

などでした。


同じ野球ファン同士で、ウチの外人は今年もいいぞ、
とか岩隈だったらベテランの古久保が上手くリードできる、
とか話すわけです。
応援しているチームのいいところ、を自慢するわけですね。


こんなことと同じように、
自分の勤める事業所のいいところをアピールするときに、
そのいいところをメインにアピールすれば、
あなたの事業所がとてもいいところに相手に思ってもらえるものです。


当然、いい事業所でなければ利用者さんは集まるわけがないわけですが、
いい事業所であるならば、どこがどう良いのかをアピールして欲しいのです。

サービスを選ぶには、なんらかの「理由付け」がある、
と私は言うのですが、
それにはやはりそこの事業所のセールスポイントがその理由になるでしょう。
そこの事業所を選んだ、決め手となるようなものです。


そんな決め手をアピールするのですから、
そのいいところのファンになって、
多少演技がかってもいいからアピールして欲しいのです。


こんなにいいんですよ、
喜ばれていますよ、
ウチはここが自慢です。


あなたの事業所のいいところを見つけて、
ファンになって熱意を見せてアピールしてください。

あなたの事業所のいいところを作る方法はこちら!


   ↑   ↑
『介護サービス利用者獲得マニュアル』