相談業務のトーク術~介護業界の人達の悩みを一挙解決!

順序立てて話す

人に分かるように説明をする、これは慣れないと難しいものです。
最初は私もそうでした。


まず人に物事を説明できるようになるには、
その前に自分自身が説明する事を理解しなければいけません。

これは基本なのですが、さらにこの次に大事なことがあります。
それは自分が理解した物事を、きちんと相手に伝わるように話す、
ということです。

その為には、相手が分かる順序で話すことが必要です。


Aを説明して、次にBを説明して理解してもらったから、
Cのことを説明する。
このように順序をきちんと守って説明します。


具体的には、5W1Hってありますよね。

Who:誰が
What:何を
When:いつ
Where:どこで
Why:なぜ

How:どのように



これを押さえて説明します。

ケアプランのサインをください。
このことを説明するにも、

誰がサインするの?=利用者様のご家族です。
何にサインするの?=ケアプランです。
いつサインするの?=訪問日時をこれから決めますので、その日です。
どこでサインするの?=ご自宅に訪問しますので、ご自宅で願います。
なぜサインするの?=提案したサービス内容に同意された証拠にです。

どのようにサインするの?=こちらにサインをする欄がありますので、ここにです。


ですから、誰が、何を、いつ、どこで、なぜ、どのように。

こういった物事を順序立てて話します。


ひとつひとつの疑問に繋がるパーツを、きちんと組み合わせて説明する。
この意識づけだけで、あなたの説明能力がグッと上がるでしょう。

順序立てて話す方法をもっと詳しく知りたいあなたはこちら!


    ↑  ↑
「介護業界訪問相談トーク術」