利用者獲得~介護業界の人達の悩みを一挙解決!

リサーチのやり方

介護業界におけるリサーチってどんな風にすればいいのでしょうか?
ここでこのサイトの管理人のリサーチについてご説明します。


まずはやはり挨拶まわりからです。
ですから、あなたのお勤め先の地域にはどのようなサービスがどこにあるのか、
それを調べることから始めます。

そしてまず初めに出向くところは、自治体の介護保険担当窓口、
そして地域包括支援センターです。

そこでこう伝えます。
「このたび○○の相談員を務めることになった○○です。
 ところでこの地域には私どものサービスはどれだけ需要がありますか?」


そうやって自分達のサービスのニーズを確認しましょう。
そして次に確認すべきことは、次の訪問先です。

「これから地域のみなさんにご挨拶に伺いたいのですが、
 どこにご挨拶に伺ったらよろしいでしょうか?」

この質問を行く先々ですることで、顔を繋いで行きます。


まずはこの流れで地域に顔を売ります。
そうやって行く先々でリサーチを進めて行くのです。


確認すべきことは色々とあります。

・地域の介護サービスのニーズ
・そのニーズの情報はどこに集まるのか
・地域にある介護サービスの質と量
・介護サービスの量はどれだけニーズを満たしているのか
・地域に求められる介護サービスは


特に地域に今、求められている介護サービスの種類は重要で、
この部分で自分が提供できるサービスを売り込んでいかねばなりません。

地域の人達は、入所できるサービスが欲しいのか、
低料金で利用できるサービスが欲しいのか、
医療的なサービス、それとも介護的なサービスが欲しいのか。

そこにある意味、「つけ込んで」行かねばなりません。


いずれにせよ、求められているサービスはなんなのか、
それだどれだけ求められているのか、
これを知らないと、こちらがオファーを投げかけても
利用してもらえないのです。


相手の欲するところ、つまり地域の欲する所を
あなたが埋められるように、
地域のニーズを「足を使って」まわって調査していかねばならないのです。




リサーチの仕方をもっと詳しく知りたい方はこちら!


   ↑   ↑
『介護サービス利用者獲得マニュアル』