グループホーム~介護業界の人達の悩みを一挙解決!

運営推進会議

グループホームでは年に6回、運営推進会議をおこなわねばなりません。

まぁ、やらなかったからと言って、何らかのペナルティはありませんが、
やらないと毎年外部評価を受けることになるし、
評価の低いグループホームとして見なされます。

じゃあ、その運営推進会議ってなんなのか、
ってことを説明します。


平成18年4月からの介護保険制度の改正の時、
グループホームでは年に6回、運営推進会議を行い、
地域の皆様がたにグループホーム内部の状況を説明しなさい、
と言うことになりました。

つまり、きちんと情報公表しろ、というわけです。


こうなったのも理由があって、それまでグループホームの運営に関する
情報公表に関する規定がありませんでした。

グループホームは閉鎖的な環境です。
これで内部の状況を報告する制度がないと、
どうしても悪質な運営をしているグループホームが出てきます。

グループホーム内での利用者への虐待、
災害への対策がおろそかになっている、
ずさんな管理体制の事業所。
そんな悪質な事業所が報告されるようになりました。

そして平成17年にあった長崎でのグループホーム火災がきっかけになり、
運営推進会議を行う事が決まりました。


運営推進会議事態は難しいことをやらねばならないものではありません。
要するに普段の様子を報告するなりすればいいのです。


しかし、それで年6回やるのはマンネリ化しますから、
避難訓練の様子を見てもらったり、
見学会を開いたりと色々な工夫が必要になってきます。


では、当HPの管理人、ゆめよしが管理者を務めているグループホームの、
運営推進会議の年間予定をご紹介します。


5月:避難訓練
7月:夏祭り
9月:避難訓練
11月:救急救命講習
1月:新年会
3月:年度末報告


その時々で参加者も変えます。
とにかく地域の人たち、または利用者様ご家族をお招きして、
グループホームでの救急時の体制などを見てもらっています。

運営推進会議のやり方が分かるマニュアルはこちら!


   ↑  ↑
「グループホームマニュアル」