新人ケアマネ、介護支援専門員~介護業界の人達の悩みを一挙解決!

ミスをしてしまった時の対応法

新人ケアマネさんであれば、いかんせんミスをしてしまうこともあるでしょう。
ここではそんな時のことをお話します。

色々なミスはつきものです。
連絡の抜け、書類などの提出忘れ、訪問日時などのダブルブッキングなど。
人間ですから、うっかりしていたりすることもあります。
いわゆるヒューマンエラーですね。

もし、そういうことをしてしまった場合、まずはどうすべきでしょう。

まず一番目にすべきことは、ミスに関わった人たちへの連絡です。
ダブルブッキングなどでしたら、相手方に。
書類などの提出の抜けでしたら、提出先に連絡します。

一番緊張したり、怖くなるのもここです。
ミスなどをしてしまった時は、一番最初の対応が緊張しますし、
怖い場面になるわけです。

しかし、やらねばなりません。
対応の遅れは、ますます事態を悪化させますから。

すべての関係者に連絡して、それから対応を考えます。
そうしなくては、何も始りません。

そうして状況が完全につかめた上で、対応を考えます。

状況によっては、自分一人で解決できないこともあるでしょう。
そんな時は、結局関係者などに相談するしかありません。

また、状況などはすべて記録に取っておきます。
このことは、後日説明をしなくてはいけないこともありえるからです。


また、一人ケアマネなどではなくて、ある程度の人数のいる居宅などでしたら、
上司や主任などへの報告も行わなくてはなりません。
辛い場面ですが、関係者への連絡は抜けがあってはいけません。


報告は書面をもっておこないましょう。
口頭だと、どうしてもいいわけなどが混じってしまうことがあります。
報告はありのまま、客観的に見て行わねばなりません。


これらはすべて、誠意をもって行わねばなりません。
結局それが最も良い、問題解決法なのです。

ケアマネのミスの対応法をもっとよく知りたかったらこちら!


  ↑ ↑
「ケアマネ初心者、超実践業務マニュアル」