ケアマネージャー、介護支援専門員~介護業界の人達の悩みを一挙解決!

自分自身の相談窓口を持とう!

私は「ケアマネはスキルゼロでもやれる」
と言っています。

その理由をお伝えします。

私が運営している「ケアマネネット強化塾」や、
私の著書「新人ケアマネの仕事がわかる本」では、
ケアマネ自身が相談に行く、「ケアマネの相談窓口」を
たくさん持とう、ということを一番に伝えています。

まじめなケアマネさんほど、
「自分がなんとかしなくてはいけない、自分が解決しなくてはいけない」
と思いこんでしまいます。
それではケアマネは身がもたないでしょう。

キャリアが少ない。
スキルがない。
知識もまだない。

しかし、誰かに相談するということに、スキルは必要あるでしょうか?
せいぜい必要なのは、相談に行く勇気だけですよね。


ケアマネは人と人を繋ぐ仕事です。

利用者様とそのご家族を、サービス事業所はじめ、
地域の色々な資源に繋いでゆく仕事です。

その間にケアマネであるあなたもいます。
だから、利用者様の問題はあなた1人で解決するものではありません。


それよりも、利用者様の問題があなたの元で止まってしまう事の方が、
よっぽど問題であると言えませんか?


人は人から学ぶものですから、相談に行くほど知識が高まります。
本やネットで得る知識よりも、実際に顔を合わせて教えてもらうほうが、
ずっと身に付く知識になります。


人に相談すればするほど、あなたの相談窓口の数も増えます。
いざという時に相談できる、頼りになる仲間が増えて行きます。


自分一人で知識や経験を積むよりも、
頼りになる仲間の多いケアマネの方が、ずっと早くスキルが上がるし、
いつも安心していられます。


顔の広さはケアマネの最大の武器なのですよ。


お仕事の事で悩んでいるケアマネさんは、こちらをご覧になってください


 ↑ ↑
『ケアマネネット塾』