介護業界での独立~介護業界の人達の悩みを一挙解決!

仲間とやりたくないですか?

独立するなら、気心の知れた仲間とやりたい、
と思ったことはありませんか?



誰しも思うことだと思います。

動かない上司はいない、
言い訳ばかりするスタッフもいない、
波長の合わないやつもいない、


きっかけだけなら、そんな夢でもいいと思います。
実際私が独立したいと思った時も、
同僚の誘いがきっかけでしたから。


ただ、会社を興した人に言わせると、
創立当時の仲間は会社が株式上場したとたんに、
みんな離れて行くと言います。


残るのは会社の社長だけだ、
そうです。


会社の社長って創立当時はどうしても営業に回ります。
そうすると色々な人に会うんで、
成長が早いんですね。


創立した時の仲間は内側で商品開発に頑張ったり、
経理に追われたりして会社から外に出ないですから、
どうしても内側にだけ強くなってしまいます。


そうして外に出て成長してくる社長のビジョンについていけなくなり、
「あいつは昔と変わった」的な事を言って辞めるんだそうです。


ですけど、自分は思うのです。
介護業界の人なんて、そんなに大それた夢は持たないと思います。
株式上場なんて思いますか?


利用者さん主体でやりたい。
気心の知れた仲間とやりたい。
ナースコールに追われず、少人数でアットホームな雰囲気でやりたい。

そんな所だと思うのです。


この辺り、資金と人が集まれば何とかなる夢ですよね。
決して実現不可能ではないと思います。


「富山式デイサービス」って知ってますか?
詳しくはここではお話しないので、
ネットで検索してみてください。


そんなやり方もあるのです。
要は、知らない人が多いってことです。
こんな事を知っているかと言うこと、
つまり知識のあるなしが、
あなたの夢が現実になるかどうかの境目です。



仲間とやるのは言いことだと思います。
気心の知れた仲間とやるのは、
成功に繋がると私ゆめよしは思います。


なぜかと言いますと、
介護業界でもっとも多い離職の理由は、
自分は人間関係と考えるからです。



なんか公では低賃金と言われてますけど、
それは離職の際に使った言い訳に過ぎないと思います。


低賃金なのは面接とか就職活動の際にわかっているはず、
じゃないですか?

雇用契約結ぶ時にだって、わかるはずですよね?


仕事がキツイ、つまらない、となるのは賃金よりも、
よい仲間や上司に巡り合えているかどうかだと思うんです。


気心の知れた仲間と、お互いに成長し合えるなら、
辛いことだって耐えれますよ。

でも、嫌な人間と一緒にいるのは、
低賃金よりも耐えられません。


あなたが「こいつらと独立したい」と思ったら、
それはチャレンジすべきです。
仲間と楽しく働いている事業所ならば、
利用者さんだって嬉しいとは思いませんか?



殺伐とした人間関係の事業所を、
誰が利用したいと思いますか?
利用者さんの目の前で、
口喧嘩が始まるようなデイサービスとか嫌でしょう?


あなたの仲間と独立して欲しいと思います。
それは必ず利用者様の、笑顔に繋がるのですから。

仲間と独立の夢を叶える方法はこちら!


 ↑ ↑
「合同会社設立法 わかりやすい合同会社LLCの作り方」
※このマニュアルを作成した中島さんは、実際にご自身で居宅介護支援事業所を立ち上げられています。