サービス提供責任者~介護業界の人達の悩みを一挙解決!

信用を得て申し込みを受け付けよう

私は介護サービスに置いて、
最もベースになるサービスは訪問介護であると、
先の記事である「訪問介護サービス提供責任者」を知ろう
に書きました。


やはり住み慣れた在宅でいつまでも生活したいですからね。
そのサポートをしているのですから、
訪問介護は重要な介護サービスの土台を支えている
サービスだと思います。


ですから、当然色々なケースがあります。
在宅ですからね。
幅広いですよ。


ですが、そのニーズに全て答えられないのもまた事実なわけです。
訪問介護の利用の仕方って、
ケアマネから見れば一番難解ですよね。


ですから、訪問介護サービス提供責任者の知識は重要です。

こういったケースに対応出来る?
じゃあこういうニーズに応えられる?
どこからどこまでが受け入れ可能?

そんな質問がたびたび来るわけですよね。


訪問介護って、緊急性のある相談が少なくありません。
ですから、訪問介護サービス提供責任者の方には、
なるべく早急に答えが欲しい相談が来ます。


私は新人ケアマネさん対象のマニュアルや、
ケアマネさん対象のネット塾で答えられない相談が来たら、
その場で変に誤魔化したりせずに、
後で調べて答えます、って言った方が、
相談から逃げてないからいいんだ、と教えています。


ただ、ケアマネならまだしも、
訪問介護サービス提供責任者の方は相談の最後の砦ですから、
答えられません、とはなかなかいかないでしょう。


答えづらい質問なら、
検討してなるべく早急にお答えします、
って答えるしかないかと思います。


しかし、たとえば病院から早急に退院を進められているケースなんか、
珍しくもないわけです。


ケアマネさんから相談の電話が来るわけです。
このケースに訪問介護の導入を検討しているんだけど、
医療的に重いんで通院などもお願いしたい、
なんてケースは珍しくもないですよね。


受け入れられますか?と聞かれるわけですが、
制度上可能なのでしょうか? なんて質問でしたら、
調べてから答えます、では困るわけですよ。


ケアマネさんだったら知ってるだろ!
とは思わないでください。
ケアマネはあくまでマネージャーであって、
プレーヤーではないのです。


どんなケースでも受け入れ可能かどうかは、
サービス事業所に電話して聞いてから答える、

って言うのが正しいやり方なのです。


そうしないと確かな情報とはならないので、
担当ケースに答えられないわけです。
あそこのヘルパーさんだったら大丈夫だろう、
受け入れるだろう、って勝手に思って、
担当ケースに「受け入れられます」って言ってしまった後に、
「聞いてみたらダメでした」とは答えられないですからね。


しっかりしているケアマネ程、分かりきった事でも電話してくる、
のです。
確実な方法しか取らないんです。


だから、訪問介護サービス提供責任者の方の知識に、
間違いがあってはいけないんですね。
厳しい言い方かも知れませんけど。


ですが、確かで間違いのない情報を繰り返し伝えていれば、
当然信用は勝ち取れるじゃないですか。



大変ですけど、本当に訪問介護サービス提供責任者の方って大変ですけど、
常に制度の事や自分のいる事業所の実態を把握しておいて、
いついかなる時でも寄せられるケースの受け入れ可能かどうかを、
判断出来るようになっていなければなりません。


確かな知識=信用
ですよね。
当然過ぎるほど当然ですが。


しかし、ケアマネだって信用出来る所にしか、
担当ケースを紹介しないのは、これもまた当然です。


その窓口になっている訪問介護サービス提供責任者の方の知識が問われるのは、
これもまた当然過ぎるほど当然です。


ケアマネさん達に、信用されて申し込みをされるようになって欲しいと思います。
その為の知識を常に蓄えるようにして欲しいと思います。


信用を勝ち取る知識を得る為の方法はこちら!

 ↑ ↑
「訪問介護サービス提供責任者ハンドブック」