グループホーム~介護業界の人達の悩みを一挙解決!

グループホームのケアマネの実態

私はグループホームの管理者です。
仕事柄、他のグループホームのケアマネさんや管理者さんに会う事は多いです。
県のグループホーム協会の集まりなどです。


ご存じの通りグループホームには、
ケアマネと管理者を必ず置かねばなりません。
後は計画作成担当者を1ユニット1名ですね。


ですが、グループホームのケアマネさんにも、
色々な雇用形態があるなぁ、と思います。


まず多いのは私のように管理者との兼務です。
管理者でありケアマネであり、って形です。


2ユニットのグループホームなら、
片方のユニットの計画作成担当もやっています。


ですけど、管理者は嫌だって人もいるみたいで、
ケアマネ兼計画作成担当なのですが、
本当のメインは現場の介護員って方がいます。


正直な話、居宅が辛かったとか向かなかったとか、
ケアマネになる前は介護の現場で介護員やっていて、
いざケアマネになったら全く畑違いの仕事で、
すぐに辞めてしまった、と言う方です。


いえ、全くそういう方を貶すつもりはありません。
むしろその気持ちはすごくよく分かります。
自分も少なからず、そういう所ありますから。


でも、責任の重い管理者は嫌だそうです。
わかりますね。
管理者は結構大変ですから・・・(^^;


で、パートって方もいます。
私が以前出会ったグループホームのケアマネさんは、
2ユニットのグループホームに1ユニットずつ
2人いらっしゃいました。
(贅沢ですねー!)


でも、雇用形態はパートで半日だけの仕事でした。
お子さんがまだ小さいとのことで、
パートをお願いしたそうです。
もちろん管理者などの兼務はしていません。


こういうのもアリだと思いますよ。
人柄も良い方でしたから早く子育てが落ち着いて、
フルで働いて欲しいなぁ、と思いますね。


ケアマネって最短でも経験が5年、
試験や研修の時期も含めたら6年の実務経験があるわけです。
ですから、雇う方としては色々な経験を生かして、
管理者だの現場の主任だのになって欲しい
ですよね。


ただ、グループホームのケアマネにはグループホームなりのルールがあります。
居宅とも違うし、介護老人保健施設とも違います。


ケアプランに決まった書式が無い事や、
介護保険証の更新の仕方は、
そのグループホームの所在地の市町村で違います。



私はグループホームに来て、
介護保険制度って市町村や県によって、
ローカルルールってモノがある
ってことを知りました。
これは目からウロコでしたね。


もしあなたがグループホームのケアマネになったら、
そのグループホームのルールを知ることから始めねばなりません。


なってたって、ローカルルールがありますよ。
これはどこの書籍にも書いてません。
ケアマネ試験の基本テキストなんか、実務の役に立ちませんから。


ですから私はグループホームのケアマネになるって方に、
まず最初は介護保険証の更新の仕方を、
自治体の介護保険課に確認することをお勧めしています。



こういうことが「地域密着型サービス」の特徴でしょうね。
まさに地域のやり方に従う。
郷に入れば郷に従え、です。


くりかえしますが、
グループホームのケアマネにはグループホームのルールがあります。


まずはそのルールを知ることから始めなければいけないのです。

グループホームのルールが分かるマニュアルはこちら!


   ↑  ↑
「グループホームマニュアル」